留学は本当に必要なのか?

皆さんは外国語を勉強する最も良い方法はなんだと思われるでしょうか?
言語学校に通う、家庭教師をつける、学校で一生懸命学ぶという方法は、どれも良い方法で、努力をすれば確実に進歩していくことができるはずです。
ですから学習に関して、絶対という条件がないことは大前提と言えるでしょう。
しかし留学という選択肢は、非常に優れた方法であることは確実です。
ではなぜ留学は本当に良い方法となるのでしょうか?
実は留学は日本人に欠けている、非常に重要な部分を埋めてくれるからです。

日本人の英語への理解度は決して低いわけではありません。
日常生活で何気なく使用しているような英語も非常にたくさんあり、単語の記憶としては、かなりの量が頭に入っているはずです。
しかし日本人の多くは、頭に入っている英語を使う機会がないため、レベルが低いわけです。
留学ではここを補ってくれます。
極端なことを言ってしまえば、学習という面だけであれば留学は必要ないでしょう。
単に学校に通って、英語を学ぶだけであれば日本にいても問題ないでしょう。
重要なのは、英語を母国語としている人の会話ができる機会が多いという事になります。